バトルフィールド3 攻略 交流サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

betaのフィードバック・修正点

バトルフィールド3betaに関するインタビューです。beta版をやってあまりのバグの多さ、画質の悪さに買い控えようと思った人も多いでしょうが、これを読めば安心できるかも?

ベータ版に対して否定的な反応もチラホラ見受けられたことについてどうお考えですか?

「私達が出来るのは、ユーザーからの反応を踏まえた上でベータ版からの改善点を示すことだけです。後はとにかく皆がプレイする様子を見守ることしかできません。

そもそもベータ版というのは、開発途上の製品を意図的に世に送り出す行為です。プレイヤーの考えを知りたいからというだけでなく、どこに不具合が現れるのか、ネットワークのトラフィック状況はどうなるか、新たなシステムにはどのような問題があるのか、そうした全体的なテストを兼ねたものなのです。そういった点を考慮すると、そもそもベータ版は公開すべきなのか、という議論になってしまいます。」



ベータ版とは諸刃の剣なのですね。


「もしベータ版を公開しなければ、発売直後に問題が発覚するかもしれません。それを避ける唯一の方法がベータ版なのです。しかし同時にプレイヤーに嫌われ、開発者達はバカにされてしまうのですが(笑)

よくある否定的な反応の1つが、「どうしてこんな単純なバグを見逃すんだ?」というもの。別に見逃したわけじゃなく、まだ手を加えていないというだけ。あえてそのまま公開することでデータを収集し、その後で修正する必要があったのです。

ベータ版の公開にあたってもそれ相応の準備期間を要するもの。それぞれのプラットフォームにおいて動作確認を重ねた上で公開するのです。また、ユーザーからの批判を避けるためにも、全てのプラットフォームにおいて同時にベータ版を公開する必要があります。(クスクス笑いながら)どれかのプラットフォームにおいて調整期間が長引くことがあれば、それだけ公開に向けてのスケジュールにも遅れが出てしまうんです。」



具体的にどのくらいの調整期間だったのでしょうか?


「およそ1ヶ月半です。ベータ版をビルドした後は、すぐさま製品版の開発に戻りました。つまり今回のベータ版は公開日時から6週間前のバージョンだったわけです。公開するまでの1ヶ月半の間に、製品版は既に見違えるような仕上がりとなっていました。同じプロセスの繰り返しを避けるためにも、こういった情報はあまり公開しないのですが。」


どうやらその調整の遅れがベータ版の公開スケジュールに影響したようですね。

「その通りです。」



ベータ版に対するユーザーの不満を避けるためにはどうすべきなのでしょうか?

「そもそもベータ版自体を公開しないことです。少なくともオープンベータは避けるべきでしょうね。

ベータ版として公開されているものの中には、実際の中身はデモ版であるものも見受けられます。もっともらしく見せるためにベータ版と名付けているだけ。しかし私達が公開したものは本当の意味でのベータ版であり、ユーザーがあまり馴染みのない類いのものです。だからこそベータ版の出来に対する不満が出てしまうのです。

開発者:「ぜひ皆さんの意見を聞かせていただきたいので、未完成のバージョンを公開します。」

ユーザー:「なるほど、でもこのゲームは欠陥だらけじゃないか!」

開発者:「だからそう言ったじゃないですか!」

ベータ版に馴染みのないユーザーからはどうしてもこのような反応が見られることになります。そこで開発者にとって大事なのは、過剰な反応をせず、ユーザーの反応にじっくりと耳を傾けること。ユーザーがベータ版の出来に落胆するのは当たり前のことです。

さもなければベータ版の公開など最初から止めるべきなんです。少なくともオープンベータはダメです。」



クローズドテストに留めるべきだと?

「それも困難なのですが。私達はクローズドアルファもやったのですが、ベータ版よりずっと悪い反応が返ってきました。」


その内容がリークされるような事はありましたか?

「ええ、それはどうしても避けられませんよね。こうしたリーク情報を目にした人達からも不満の声が聞かれました。それでも今回のベータ版に対する批判の渦に比べればずっとマシです。多くのプレイ動画がネット上に公開され、コメント欄は大変なことになっていますから。しかし私達から言わせてもらえれば、「どうもありがとう、でもそういった問題は私達も把握しているのでだいじょうぶですよ」といった感じなんです。

本日のイベントで公開したバージョンにおいては、安定性に関する問題を除き、ベータ版においてユーザーからの批判の的となった不具合は全て解消されています。およそ99%の仕上がりと言っても差し支えないのでは。」



確かに安定性の問題以外はクリア出来ているようですね。ゲーム中のバグはほとんど見られませんでした。しかし安定性の問題や、その他の不具合が依然として残っているのも事実ですね。

おっしゃる通り、製品版における不具合が避けられないのがゲームの常と言えます。発売後もそういった不具合の調査を続け、アップデートを行っていくのでしょうか?

「当然です。バトルログやゲーム本編に関わらず、パッチやアップデートの配信は長期的に行います。経済的な観点から見れば賢いやり方ではないのかもしれませんが、私達は決してお金のためだけにゲームを作っているわけではありません。私達は自分たちが胸を張れるような、世界をアッと言わせるような作品を作っていきたいのです。

本作が発売時点において100%の出来となることはないでしょう。しかしもう1年開発に費やすよりは、多少不完全な状態でも発売させた方が良いと考えます。だからこそ発売後の長期的なサポートが大事なのです。『バトルフィールド』シリーズ過去作品をまだまだプレイし続けているゲーマーが数多く存在するように、サポートをしっかり行えばユーザーは着いて来てくれるのです。」


筆者も『バッドカンパニー2』を今だに楽しんでいます。

「でも発売当初はヒドかったでしょう? ユーザーからは批判の嵐が巻き起こり、ネット掲示板のコメントは散々なものでした。しかし私達が不具合を解消するためにパッチを配信したことで、今では『バッドカンパニー2』が発売直後から最高のゲームだったと思っている人も存在します。本作でも同じことが出来るはず。しかし誤解なきよう、本作は『バッドカンパニー2』よりもずっと良い状態で発売します。」



『バッドカンパニー2』のベータ版に対する反応はどのようなものだったのでしょうか?やはり批判が続出したのでしょうか?

「規模は小さいながら、全く同じ反応が見らました。だからこうした反応には慣れているのですが、何しろ本作のベータ版のプレイ人口は『バッドカンパニー2』のおよそ6倍。それだけの人数から不満をぶつけられたわけです。

私達はただただ、『ごめんね!』という他ありませんでした...」


Battlefield 3's Executive Producer Talks Beta Reactions, Certification Delays, and Post-Release Support
スポンサーサイト
  1. 2011/10/14(金) 09:19:48|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<betaからの修正点 | ホーム | 予約特典について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://battlefeild3.blog.fc2.com/tb.php/15-0e450cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト紹介

バトルフィールド3の攻略情報・交流の場を提供するサイトです。 情報提供、意見等大歓迎ですので 皆さんでより良いサイトにしましょう!

kepa

Author:kepa
バトルフィールド3攻略サイトです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

すこやかレビュー (4)
ホーム (3)
戯言 (19)
動画 (20)
初心者への勧め (8)
武器 (2)
操作 (1)
攻略 (0)
搭乗兵器 (1)
搭乗兵器カスタマイズ (4)
兵士特殊効果 (1)
獲得ポイント (1)
Co-op (2)
シングルプレイ (1)
マップ (1)
ドッグタグ (1)
カモフラージュ (1)
トロフィー (1)
リボン (0)
アンロック (2)

訪問者数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
13796位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シューティング
246位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon ベストセラー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。